女性のびまん性脱毛症の治療法


女性のびまん性脱毛症の原因

女性のびまん性脱毛症の原因には、加齢に寄る現象・ストレス・過剰なヘアケアなどが挙げられます。

びまんとは一面に広がるとの意味があり、その名称の通り毛髪全体が薄くなる症状で、薄毛に悩む女性に最も多く見られる状態ですが、原因を見極め治療することで改善する可能性が高い脱毛症です。

女性のヘアスタイルもびまん性脱毛症と関係があり、髪が長いと絡まってしまい地肌を洗うことが難しくなる上に、頭皮にシャンプーの成分が残り発毛を妨げ薄毛になる原因を作っています。

女性の脱毛症では、頭皮や毛母細胞の退化のみではなく、様々な理由により毛周期が正常に機能しない状態になり、毛周期の途中で毛髪が抜けることや毛根自体が弱り細い毛のみが発生しなくなる為、毛髪全体が薄く地肌が見えてしまうのです。

女性のびまん性脱毛症の治療法

女性のびまん性脱毛症治療法にはケラステム治療・グロースファクター再生療法・植毛治療が挙げられます。

ケラステム治療は各自の脂肪から抽出した幹細胞を頭皮に注入し、毛包幹細胞を刺激することで、毛周期のサイクルを改善し、休止期にある毛包を成長期に変えることで、毛髪の発生を促すのです。

グロースファクター再生療法は発毛に有効となるヒト由来の成長因子のグロースファクターを各種配合した薬剤を頭皮に注入する治療ですが、毛周期の改善を目的とし男性・女性共に治療が可能となっています。

植毛は頭髪の濃い部位から自身の毛根を採取し、薄くなった部分に移植する治療ですが採取する側頭部や高等部の毛髪は薄毛の原因となるジヒドロデストステロンの影響を受けにくく、植毛後脱毛する可能性が低いことが特徴で、これらの治療法を知りたい時はランキングサイトをチェックして情報を探して下さい。

あらかじめランキングサイトをチェックして必要な情報を収集しておくのは後々で有利に働きますかあ、各種データを集めるのは有効的です。

びまん性脱毛症に関して詳しく紹介されているサイトです