急性びまん性脱毛症の原因


びまん性脱毛症の症状と原因について学ぶ

びまん性脱毛症は部分的ではなく毛髪全体が薄くなり、徐々に進行する為、はっきりとした症状に気づいた時には脱毛面積が相当に広がっていることがあるのです。

男性型脱毛症(AGA)の女性版でもあり、女性型男性脱毛症(FAGA)とも呼ばれ、びまん性脱毛症は頭髪全体が薄くなることの他に抜け毛・髪の艶がなくなるなどの症状が起こり、これらの状態は女性の更年期や閉経後に目立ってきます。

原因としては女性ホルモンが年齢と共に減少し、閉経時には急激にホルモンバランスの乱れが起きる為、AGAの要因である男性ホルモンが優位となり脱毛が発生するのです。

加齢により頭皮の潤いを保つことに必要なコラーゲンや皮脂も減少し、頭皮の乾燥により脱毛が進行すると考えられていますし、又経口避妊薬の服用もホルモンバランスが変化する為、服用時は女性ホルモンが増加するので脱毛が減り、止めると脱毛が増える傾向があります。

急性びまん性脱毛症の症状と原因を知る

女性の薄毛は多少薄くなった程度で済むケースもありますが、全頭脱毛になる症状はびまん性脱毛症の中でも急性びまん性脱毛症と呼ばれているのです。

人間の毛周期は成長期・休止期・退行期を経て毎回ある程度の量の毛髪が発生しているのですが、脱毛症になるとこのサイクルが著しく乱れて急性びまん性脱毛症となり、これは体内の病気で起きるケースもありますが、大抵は日常の生活習慣が要因となって起こることが多いのが特徴です。

急性びまん性脱毛症は女性に発生する率が高く、頭部にある毛髪が全て抜け落ちる訳ではなく、脱毛中は治療を施すことは無理なのですが、脱毛期が終わると同時に発毛が開始されます。

その後の発毛が順調に進むと毛髪は元に戻り、びまん性脱毛症になりやすい体質になることはありません。

ストレスの多い生活や無理なダイエットなどを行っているケースではそれらを解消することが大切であり、出産後の脱毛は育児のストレス軽減により回復可能です。

急性びまん性脱毛症について書かれているサイトさん