東京薄毛治療クリニックの特徴


薄毛になる生活習慣とは

髪の健康と生活習慣は大きく関わっており、薄毛に悩む方は日常生活から髪の健康に良くない事柄を取り除くことで、毛髪の状態を改善する可能性があるのです。

睡眠は免疫細胞やホルモンの力により、昼に受けたダメージを睡眠中に修復することですが、睡眠時間が少なくなると、当然のことに修復が行われなくなり毛根に栄養が届かず薄毛の原因となります。

ストレスは血管を収縮させ、血液量を減らしますがその結果、毛根に栄養素が運ばれなくなる為、毛髪の周囲にある毛細血管が機能せず頭皮の健康が保たれなくなるのです。

日常の食生活にも薄毛になる要因があり、塩分の強い食品は高血圧や動脈硬化を引き起こし、これが健康を損ない脱毛に繋がる可能性となり、高脂肪の食品を摂取することで過剰な脂分が毛穴を詰まらせ抜け毛となります。

帽子やヘルメットを長時間被っていると、通気が悪くなり、更に頭皮に汗をかくと蒸れてしまい清潔が保てず薄毛の原因となるのです。

東京の薄毛女性クリニックの治療内容

通常の薄毛治療クリニックで行われている方法は、男性を対象としたフィナステリドのみの処方ですが、東京のクリニックでは女性のホルモンバランスを考慮し、発毛を促進することを目的とする治療を行なっています。

薬品を投与しても問題が生じないかを判断する為に、血圧測定や採血を行い、慎重に内蔵の検査を実施しますが、検査の内容には女性ホルモンや甲状腺ホルモンなども含まれています。

検査結果が解り次第、特に問題がなければ、医師が頭髪及び頭皮の状態を診察し、発毛を促す薬品やサプリメントを処方するのです。

治療薬プロペシアは女性の薄毛治療に用いられる服用薬で、この薬は男性ホルモンの一つであり薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制します。

従来女性脱毛症治療には頭皮に塗る外用薬が用いられてきましたが、内服薬のプロペシアにより薄毛治療に多大な効果を上げ、発毛数が増えることに加え毛髪の伸びるスピードが速くなっていますが、東京の薄毛クリニックで使用の薬品について知りたい方はランキングサイトが参考になるのです。

東京の薄毛クリニックランキングサイトはこちら